ホストの方へ
答:
該当する法令、条件に従えば誰でもできます。

民泊を運営する方法は2つあります。
1.旅館業の営業許可を取得する。
2.国家戦略特区区域内であれば「特区法13条(旅館業法の特例)」を活用し、自治体から特定認定を受ける。この場合、旅館営業許可は不要です。一般の方が旅館営業許可を取ることは、建築基準法消防法などクリアすべき問題が多いため、難しいのが現状です。

答:
国家戦略特別区域法13条に規定する認定事業者になれば民泊が始められます。また、旅館業の営業許可を得ることでも物件が登録可能です。

認定事業者になるためには、最寄りの保健所に申請を行い認定される必要があります。この申請手続きについてはSTAY JAPANが全面サポートさせていただく事もできます。詳しくはお問い合わせください。

答:
登録料や固定費はかかりません。手数料は予約方法により異なります。

STAY JAPANへの会員登録・物件登録については、新規登録料や毎月の固定費用などは一切かかりません。

旅行者の宿泊が完了したら、宿泊料金に対して以下の手数料が発生します。

自動承認(即時予約)=0%
確認してから承認(リクエスト予約)=3%

自動承認でのご予約を利用の場合は、全ての利用料はかかりません。

答:
物件利用料からホスト手数料を控除した額を振り込ませていただきます。

旅行者利用のあった翌月末に、ホスト手数料を差し引いた額を振り込ませていただきます。

答:
登録できません。

STAY JAPANは日本国内の民泊掲載/予約サイトですので外国の物件を登録することはできません。

答:
国家戦略特別区域法の対象区域内においては、一般の民家でもSTAY JAPANへの登録が可能となります。

旅館業の営業許可を取得していない一般の民家についても、国家戦略特別区域法第13条の認める対象区域内または住宅宿泊事業法(民泊新法)を活用して民泊としての登録が可能です。但し、自治体により条例等で営業制限がかかる場合があります。(2018年6月現在)。

答:
可能です。

旅館業の営業許可を受けた日本国内の物件であれば、地域に関わらずSTAY JAPANへの登録が可能です。
ただし、ルームチャージが適用される対象を1物件とみなして登録していただくことになりますので、ホテル一棟や旅館全体を1物件として登録することはできません。お手数をおかけしますが、部屋ごとに物件をご登録ください。

答:
寮の所有者か利用者かで異なります。

1.寮の所有者である場合
寮が特区対象区域にあるか、もしくは寮が旅館業の営業許可を受けている場合は可能です。
2.寮の利用者である場合
契約上転貸が可能で、社員が所属している企業の責任者が認めれば、上記同様の宿泊施設としての営業許可を受けた上で民泊としての運用が可能です。

答:
賃貸物件の契約によります。

一般的に、転貸にあたる物件は禁止しているオーナー様が多くいらっしゃるので、一度ご相談されることをお勧め致します。

答:
法人、個人を問わずSTAY JAPANに登録可能です。

法人、個人を問わず、自治体の認可を受けた物件であればSTAY JAPANに登録可能となります。
ご不明点がございましたら、お問い合わせよりご相談ください。

答:
登録物件が宿泊施設として合法であることに加え、オーナーのSTAY JAPANのアカウントが存在し、ユーザ及び物件に関する必須項目を入力済であることが必要です。

以下の要件を満たす必要があります。
1. STAY JAPANのユーザとして登録している
2. 登録したい物件が日本国内にあり、旅館業の営業許可を受けている、または特区民泊の対象区域に属し、自治体の許可を受けている。
3. ユーザーがプロフィール画像を登録している
4. 物件情報の入力必須項目を適切に入力している

料金設定や宿泊可能日の設定については公開の条件にはなりません。宿泊可能日を設定せずに登録/公開することも可能です。
旅館業の営業許可を受けるための基準として部屋の広さや消防法、建築基準法等の規定を満たす必要がありますが、営業許可を受けたものであれば登録は可能です。「民泊」ではない既存の旅館やホテル等の宿泊施設であっても、登録できます。

答:
旅行者からの予約申込の際にはサイト上にて、またメールにて通知いたします。

旅行者からの予約申込についてはサイト上にて、またメールにて通知いたします。原則としてウェブ上のみで予約は完結しますが、問い合わせについてのみFAX、電話での対応を希望する場合には、予約申込をされたお客様に予約のメッセージ機能にてFAX番号、電話番号をお伝えください。

答:
ホストの銀行口座へ直接お振込いたします。

月末で締めた物件利用料から手数料を除いた額の合計を、翌月末にSTAY JAPANより銀行振込にてお支払いします。

答:
予約リクエストを受けた際に旅行者の国籍を確認し、日本人のみ承認するという運用は可能です。

旅行者からの予約リクエスト時に旅行者の情報を確認することができます。このとき、ホストの条件に合わない時には予約を承認しないことは可能です。
ただし、旅館業の営業許可を受けて営業している物件につきましては、特定の旅行者を相手に宿泊させることは旅館業違反となります。

答:
ホストの一部作業について代行が可能です。お問い合わせ下さい。

例えば鍵の受け渡しの代行など、一部のホスティング周りの運用でお手伝いすることは可能です。お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
なお、現在、物件の申請から、周辺へのご案内、予約管理、物件清掃など完全な民泊代行のサポートプランを検討中です。

答:
スマートフォンで撮影した画像でも、物件の公開については問題ありません。

スマートフォンで撮影した画像でも、物件の公開そのものには問題はありません。
物件の写真は旅行者が宿泊先を選ぶ上で重要な基準の一つですので、画質の高い綺麗な画像を登録することをお薦めします。

答:
掲載できます。

簡易宿所の営業許可を受けた物件はSTAY JAPANに登録可能です。

答:
物件の状況により異なります。

旅行者にお泊りいただく為に必要な寝具、家具、家電、備品、アメニティ、鍵等のご用意をいただく必要があります。STAY JAPAN ではこれらをまとめてお任せいただけるサービスもご用意しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

答:
宿泊運用の収益は、賃貸運用と比較した場合、 高い収益性が見込めます。

一日当たりの宿泊単価は、一般的に賃貸よりも旅行用途の方が高いと考えます。したがって一定の稼働率を満たせば、賃貸運用と比較して高い収益性が見込めます。

答:
可能です。お問い合わせください。

通常、リノベーションや家具家電の設置など宿泊施設の準備はお客様にてお願いしておりますが、ご要望に応じて、コンサルティングやリノベーションを行うパートナーをご紹介することも可能です。お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

答:
可能です。

予約成立後の予約管理に関してスマートフォン対応しております。その他の操作画面は、現状PCのみに対応しております。スマートフォン、タブレットでの操作はお試し頂けますが、動作を保証できない場合があります。順次対応版を開発中です。

答:
物件編集ページの料金条件、料金設定項目より編集可能です。

「トップメニュー>物件一覧>物件項目の編集>料金・条件設定」ページに移動して設定を行うことができます。
ここでは、各種料金(平日、週末、長期割、キャンセルなどの料金)の設定ができます。
また、日毎の料金設定は、同じくページ左側の「販売日」の中で設定できます。

答:
平日、週末料金、長期割引料金といった設定が可能です。

滞在料金の設定は「トップメニュー>物件一覧>物件項目の編集>料金・条件設定」ページより行ってください。カレンダーを利用して指定期間の料金変更も可能です。

答:
金曜日もしくは土曜日に宿泊する際の料金です。

金曜日または土曜日に宿泊する場合の料金は平日の宿泊料金とは別に設定していただくことが可能です。日曜日に宿泊される場合には平日料金が適用されますのでご注意ください。

答:
お客様の操作では物件タイプはご変更できません。

「トップメニュー>物件一覧>物件項目の編集>基本情報>物件情報」の「入力を間違えてしまった際にはこちらよりサポートへお問い合わせください。」から物件タイプの変更をご依頼ください。

答:
物件編集画面の詳細情報より変更登録できます。

物件管理画面から対象の物件の「物件項目の編集」をクリックし、ページ左側にある詳細情報項目の「写真」をクリックしてください。「写真」ページ指定の箇所にドラッグ&ドロップもしくは「写真を選択」ボタンをクリックして画像をアップロードしてください。アップロードした時点で画像が保存されています。

答:
制限はありません。

現在は制限はございません。可能であれば複数物件のご登録をお願いします。

答:
画面上部の「物件管理」からご登録いただいている物件を一覧で見ることができます。

物件管理画面の写真の上の「物件の詳細を確認」ボタンをクリックしていただきますと、旅行者から物件がどのように見えているかを確認することができます。

答:
家具家電の購入セッティングを申し込まれたお客様には写真撮影のサービスを行っております。ご利用ください。

STAY JAPANでは滞在施設として必要な家具や家電の購入セッティングを行うサービスを提供しており、併せて物件内外の写真撮影を行っております。なお、写真撮影のみのご依頼は原則として受けかねますのでご了承ください。

答:
お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。STAY JAPANカスタマーセンターよりご案内させていただきます。

答:
STAY JAPAN保険の範囲内で補償することが可能です。

STAY JAPANでは、宿泊時のトラブルに対してホスト/旅行者それぞれに対応する保険に加入しています。トラブル発生状況をお聞きしまして、こちらの保険の適用範囲内にて補償いたします。被害が発生した場合には、お問い合わせください。(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社)
旅行者向けの適用可能な保険内容の詳細は以下よりご確認ください。
「STAY JAPAN」の旅行者会員様向け保険について

詳細についてはお手数ですがお問い合わせください。

答:
電話番号の公開を希望した場合には対応する必要があります。

電話番号の公開を希望した場合には、予約リクエストを受けた後に旅行者に電話番号が公開されます。そのため、旅行者からの電話での問い合わせが来る可能性があります。電話番号の公開を希望しない場合には、旅行者に電話番号が公開されません。

答:
表示できません。1部屋ごとにご登録いただくことになります。

複数の部屋を一つの物件として登録することはできません。お手数ですが、部屋ごとのご登録をよろしくお願いします。

答:
アカウント登録いただいたメールアドレスに予約情報をお送りしますので、メールの受信トレイをご確認ください。

メール通知の他、STAY JAPANにログインした状態のTOPページヘッダーに「お知らせ」アイコンが表示されます。アイコンをクリックいただき、予約詳細をご確認ください。

答:
自動的にキャンセル扱いとなってしまいます。

この場合、キャンセルになった予約はマイページの受信トレイで確認が可能です。旅行者の旅行計画を有意義なものにするためにも、予約が受けられないと分かった場合はもちろん、予約承認可否の回答は72時間を待たずにすぐに回答しましょう。
※宿泊日の関係で72時間以内の回答期限でない場合もございます。

答:
ありません。

予約が入るとシステム上予約日程がロックされ、新たな予約が受け付けられなくなります。

問題は解決しましたか?

オペレーターのサポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

検索

チェックイン / チェックアウト
宿泊人数

宿泊人数

1名
2名
3名
4名
5名
6名
7名
8名
9名
10+名

行き先

リクエスト受付完了

パスワード再設定用メールに記載されたアドレスをクリックするとパスワードを再設定できます。

メールが届かない場合には、問い合わせフォームからお問い合わせください。